コンパの楽しさと難問

女の子コンパを開くとき、一番嬉しいこと。それは知らない異性と知合えることです。コンパはただの飲み会ではありません。飲むこと自体が目的であるのならば、友人といったほうが気楽に飲めますし、場合によっては一人でもいくことができます。ですがコンパ、しかも合コンの場合は飲食が目的ではなく、異性との出会いが目的になります。普段の生活では接点がない者同士が知合えるチャンスなのですから、嬉しい限りなのです。ですがコンパにおいては、これは最も難しいことでもあります。

人数を集めてコンパを開くとなると、それを取り仕切る幹事が必要になります。仲間内だけでの飲み会ですと人数分の場所を探すだけでよいのですが、合コンとなるとメンバーを集めなくてはいけません。個人で行う合コンの場合ですと幹事は2名のケースが多くなります。主催する側の幹事が男性だった場合、場所を抑えメンバーを集め、異性側はもう一人の幹事が集めるといった具合です。ですが個人で開く合コンには限界があります。いくら顔の広い人が幹事を務めたとしても、同性はともかく前回と違った異性のメンバーを集めるには限界があります。しかもなるべく知らない人同士を集めるのですから、相手幹事には集めるメンバーとあまり関係のない人を選ばなくてはいけません。これが合コンを開くときに一番の難問だといえる由縁なのです。

この難問を解消するにはプロの力、合コンセッティングサービスを利用したほうがよろしいでしょう。なぜプロの力を借りるのか?次の項からはその理由に触れていきます。